新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裏口・・・いやAO入試でセクシーゾーン菊池慶大合格

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

ジャニーズの最年少グループSexy Zone(セクシーゾーン)の菊池風磨が慶応大学にAO入試で合格したことを発表した。

裏口ではないAO入試とは・・・一体なにか?


AO入試は、1990年の慶応大学の湘南藤沢キャンパスが、他に先駆けて導入した。


今回、菊池が合格したのもそこだ。


AO入試を簡単に説明すると、個性や適性に対して多面的な評価を行い合格者を選抜する試験なのだ。


このような方式の入試すべてをAO入試とは呼ばずに、自己推薦入試、公募推薦入試、一芸入試等、大学により名称は様々にある。


AO入試は、あくまでも点数よりも人物を重視する入試であるので、点数が良くても入れないということが起きているようだ。


尚、、「AO入試」や「推薦入試」が、「学生の学力低下につながっている」と危惧する声が多く上がっている。
(そりゃ・・・勉強できないやつが大学いってもねw)


AO入試では、授業についていくために特定の学部(主に医学部・歯学部・薬学部等)は、最低限の筆記試験での点数を合格にラインにする場合はあるようだ。


今回、セクシーゾーン菊池が受かった学部は総合政策学部。ちょっと聞いたことない学部だ。1990年に新設された学部だから当然だ。


今回のAO入試では、ジャニー喜多川氏が書類選考で提出する推薦文にあたる「志願者評価」を書いたという。


そうして無事に合格。


本人も高校2年から仕事の合間に勉強をしていたとのことだが・・・どこまで頭がいいのか疑問だ。(AOは頭がいいじゃなく本人重視です。)


以前、早稲田も広末涼子を受け入れて話題となった。我が母校にも芸能人が入ったという話を聞いた。


今回も本人の努力もあってとのことだ思いたいが、広告塔としてジャニーズの看板はこれから生き残りをかけた大学間戦争は大きいものがある。


AO入試を一般人がうけられない規定はないが、推薦して落とされるのは目に見えている。
(推薦をしてもらう人は誰?という問題)


昔から裏口入学というものはあった。(これは事実)


都内でも偏差値の低い私大の医学部などは、お金持ちのぼっちゃん達が一般入試でも入れずに親がレンガ(100万束の上の束)を積んでいる。


これをAO入試という形で、表から堂々と裏口入学させるような気がしてならない。


一部上場企業の取締役が推薦したら・・・このAO入試どうなの?


本人主体とはいえ、「志願者評価」が必要なこの入試。公平性があるようにまったく思えない。


大学も所詮ビジネスだということですね。


そもそも、セクシーゾーン自体が売れてないし・・・菊池風磨自体を知らない方が多いよね・・・
関連記事

| エンタメ | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/88-a02479af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。