新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【朗報】JAVA終了!ツイッターで25万人のユーザー情報漏洩

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

以前、JAVAの脆弱性が指摘されJAVAの更新をしないようにとの勧告が出た。


ついにこのJAVAの脆弱性で、ツイッターのユーザー情報25万人分の漏洩したと公表された。


現在、ソーシャル業界の覇者ともいうべきツイッター。


読者の方にもツイッターを利用しての情報収集をしていたり、友達とつながったりしている方も多いのではないだろうか?!


インドの災害時に救助活動などで注目され、ユーザー数は世界的に増加傾向にある。


さらに日本国内では、東北大震災で携帯電話やメールができない一方でツイッターでの情報のやりとりが可能という点で一気に広がった。


そんな人気のツイッターだが、25万人のユーザー情報の漏洩が発表された。


この漏洩は、アマチュアによる攻撃ではなく非常に洗練された攻撃のため会社、企業、公共団体などにも行われた可能性が高いとされている。


原因としては、ブラウザ(インターネットエクスプローラなど)でのJAVA使用による問題なようだ。


JAVAとは何か?を元SEの三代目が説明すると単純な話プログラム言語の呼び名だ。


JAVAは、ブラウザ上でも機能することができ「JAVAプログラムを許可しますか?」などのポップアップが出てくるサイトを過去みたことはないだろうか?
(大抵は、許可しないほうがいい)

普通にゲームを作るなど様々な応用面やメンテナス面で融通が利いたため、広く知れている。


ただ、米国国土安全保障省が先日「JAVAのセキュリティーに問題がある」と発表された。


JAVAを学ぶもの(JAVAの認定資格などもある)にとっては、非常に痛い話だ。


悪意のあるJAVAプログラムに攻撃されての25万人のユーザー情報の漏洩。


現在ツイッターでは、ブラウザでのJAVA不使用やパスワードの変更を促している。


今回の騒動で、今後のJAVA利用の減少が減りクライアントからの依頼も減るだろうからJAVAプログラマー涙目かもしれない。(ただ、JAVAしかできないプログラマーはそうそういない)

| IT | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/72-78f8af30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。