新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【悲報】牛乳500mlが600億ドルの国ジンバブエの現実

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

ジンバブエといえば、ハイパーインフレ(貨幣価値<物価)の国と知られているが、この度ジンバブエの国庫が2万円しかないことが発覚。

民主党よりもひどい政治・・・もはや誰か3万円だして国を買い上げてこい状態。


ジンバブエといえば、鉱山資源の豊かなアフリカ南部の国である。


そんなジンバブエが有名になったのは、ハイパーインフレの進む国だからの一点だろう。


阿部政権に変わった日本では、現在の円相場は1月31日の段階で1ドル=90.91円。民主政権の3年間が如何に無策であったかがうかがえる。


円安となった1円とジンバブエドルを通貨のコンバーター交換してみた。


1円=4.162ジンバブエドル (ZWR)


以前は、1ドル=290億ジンバブエドルとなっていたが、ジンバブエの中央銀行がインフレ対策としてデノミネーション(通貨単位引き下げ)を行ったからだ。


ただ、今回公務員への給与支給により国庫が2万円以下となってしまったことが公表され世界中が唖然としている。


ビティ財務相「国家財政は目下まひ状態だ。目標は達成できていない」と現在のジンバブエの状況を説明し、記者に対しては、「あなたたちは国より貯金残高が多いだろう」ともコメントしたという。


ジンバブエがハイパーインフレとなった原因は、ロバート・ムガベ大統領が少数の白人所有の大農場を貧しい黒人に分配したことが主な原因となっている。


その政府の対応により、外資が引き上げ、観光旅行客も激減した。


外資の獲得が困難となり、鉱物資源豊富にもかかわらず国内生産力も落ちインフレが加速しハイパーインフレに陥った。


急激なインフレは、国民生活の破綻にはじまり、公共事業の崩壊などを招き国家として混乱している状態だ。


『他人のふりみて自分をなおせ』とのことわざがあるように、安倍政権の緩やかなインフレに期待したい。


関連記事

| 経済 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/66-a755cfdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。