新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

爆発する中国の高齢化に赤信号

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

経済の成長が著しい中国ですが、人工の爆発によりかなり前に皆さんご存じの「一人っ子政策」たる政策が中国で行われてきました。

この状況は、高齢化社会に凸入した日本の事情よりかなり大変かもしれません。


まずは、現在の日本の社会制度をみてみるとその大変さが浮き彫りになると思います。


芸能人から政治家まで納めていなかった年金制度。


2012年10月に成立した法案で、20歳から未受給(64才)までを対象に『今後3年間(2015年10月まで)の間に現在未納付分を払ってくれればいいよという未納付分を追加で納めることができる制度』が成立しました。


学生の頃に払い忘れてしまい、後々になって『払えないじゃん』と思っていた方はいまがチャンスです。払っておきましょう。


日本の社会保障制度である年金制度も『受給者=高齢者化』『納付者=少子化』という状態で『受給者>少子化』の図式が成り立ってしまい厳しい状態だと三代目は思います。


これを中国におきなおすと同じ年金制度ではないにせよ・・・相当大変な事態なんですね。


中国の一人っ子政策は、完全な少子化政策で今の一人っ子は親二人分を背負うわけですよね。


その親達も一人っ子政策で生まれてきてますから、親二人分をさらに背負ってるわけです。


へたすると一人っ子政策が始まる前の親達もいるでしょうから・・・そのときはもう大変。


結婚なんかした日にはこれ2倍の人数背負うんです。


夫と妻二人で共働きで、子供一人の構成で自分達(2名)+子供(1名)+両親(4名)+祖父母(4名)。


医療技術の発達によりさらに上もいるかもしれませんが、この子供一人でかなり荒い計算ですが10名を背負うことに・・・


高齢化と少子化で高度経済成長のレールから外れたといわれる日本ですが、中国がレールから外れたときはものすごくえぐい外れかたになりそうですね。


上述した、2012年10月に可決された臨時法案は大切なことだと思いますので一度年金事務所に連絡するといいかもしれませんよ


関連記事

| ニュース | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/6-8d3a2c0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。