新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【悲報】ロボ力士高見盛引退!

どもニュース大好き居酒屋三代目です。


土俵入りの際、相手に負けないという意識の表れで自分の体を叩いたりして奮い立たせ一時人気なった高見盛!

今場所、負け越してしまうと幕下力士に格下げということで引退表明をしていました。


高見盛は、小さい頃はいじめられっ子で小学校の先生のすすめで相撲を始めた。


中学時代は、中学横綱や国体少年の部優勝、そして全日本選手権優勝しアマチュアの横綱となった。


高見盛は、顔や胸を叩くなど土俵入りの際にユニークな「気合入れ」は、貴乃花の引退以来角界を沸かせた。


そのような動物的な「気合入れ」を行う一方で、仕草や話し方などがぎこちなくロボットというあだ名がついた。


永谷園などのCMに抜擢され、その名と顔を広く世間に知られたきたが最近は、以前の怪我も響いたのか成績がふるわず今場所、負け越した場合は幕下に格下げということで注目されていた。


本日の27日、横綱の日馬富士が横綱昇進後の初優勝を決めた千秋楽では、高見盛は若荒雄と対戦した。


立ち会いから突きでで攻められ続ける展開となったが、大逆転勝利で相撲人生最後の千秋楽を白星で飾った。


三代目も若貴時代はけっこう相撲を見ていたが引退してからというもの日本人力士で「強い」とか「おもしろい」と思えるような力士不在で相撲を見るのをやめていた。


高見盛が登場したことで、彼のとりくみだけは見ていたので今回の引退はとても残念だ。


以前にあった野球賭博や相撲のやらせなどの問題で冷え切った角界。


げっそりスマートになった貴乃花親方などが角界を盛り上げようとしているが、やはりスター力士が不在のままでは観る側もおもしろくない。


ロボットでも小錦のような図体や曙のような大型力士をスカウトできなければ今後の角界のスターは生まれないだろう。


言葉には表現できないような漫画の『ああ播磨灘』(ああはりまなだ)のような力士の登場に期待したい。
関連記事

| スポーツ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/58-27425d8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。