新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1億5540万円の味はいかに?

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

新年の初競りが5日行われた。毎年恒例ともいえる超高級食材の青森県産のクロマグロの競りに喜代村が他の仲卸に勝利し大間マグロ(220キロ)を競り落とした。


観光大国日本という政策でアジア圏や西欧圏の観光客が増える中築地も変わってきている。


アメリカ・イギリス・フランス・ロシアをはじめ、世界各国で食される寿司。


国によって形を変えている寿司はあるが、やはり寿司ネタで人気なのはマグロだ。


近年、世界各国の人口が食べるようになったためクロマグロなどの海洋資源の制限などが叫ばれている。


特に消費が多くなった国は中国だ。日本の高度経済成長とは様相は違うものの経済成長をはたしてきた中国が寿司を食べ始めたからもう大変だ。あの人口が食べ始めたら、あっという間になんでもなくなってしまいそうである。


今回、築地喜代村と競り合った仲卸は中国の代理人ということだったようで今回は築地喜代村に軍配があがった。


マグロ一本がすべて売れるわけではなく、骨や皮などどうしても歩留まりと呼ばれる部分が出てくる。


こうした歩留まり部分を含めての1億5540万円!前年の3倍の値だ。


一貫の寿司のネタが約10グラムから15グラム計算だとすると、寿司ネタだけで7000円。もう高級どころの騒ぎではない。


ただこの寿司を築地本店で、一貫398円。
ほぼ広告費として払っているようなものだ。


7000円を398円・・・築地の人間でも食べにいきたくなる値段だ。
関連記事

| ニュース | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/16-a4c07b4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。