新宿居酒屋の三代目の気になるニュースまとめブログ

ネットニュースをチェックするのが日課になっている管理人が気になるニュースをまとめて紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクドナルドの新戦術の真相

どもニュース大好き居酒屋三代目です。

昨年末あたりに発表されたマクドナルドの「60秒ルール」

100円商品で売上をさげてしまったマクドナルド。気になる新戦術の勝算は?


子供から大人までみんな食べたことあるマクドナルド。


このマクドナルドが100円商品に変わる「60秒ルール」の新販売戦術を開始した。


この「60秒ルール」とは、60秒以内に商品を届けることができないければ、ハンバーガーの無料券を渡すサービスで1月4日~1月31日の11時~14時までの実験的なサービスだ。


バブル最盛の時代に「30分以内にピザを届けられなければ無料」というパフォーマンスで様々なピザ屋が導入した戦略とかなり似ている。


この時間を区切られた販売戦略は、ピザ屋の「30分以内」を利用した層からすると本当かどうか試したくなるはずだ。


ただこの実験の真相は別の所にある。


100円戦略の影響により売上が前年比マイナスと落ち込んでしまったマクドナルド。ただのパフォーマンスだけでこの実験をしているのではない。


ピザ屋の30分戦略の真相は、その回転率にある。販売だから回転率は関係ないだろうと考えがちだが、ピザ屋の配達にはバイクが必要なのだ。


そのバイクには数が限りがありそれこそバイクの数を増やせば、その分配達できる軒数も増えて売上増加を図ることができるがバイク一台あたりのコストや駐車スペースの確保、人員確保と考えると相対的にマイナスになる恐れがある。


30分戦略では、現存の設備や人材の効率化により通常60分仮にかかっていた配達を30分に短縮できれば配達できる軒数は単純計算で2倍となる。さらに余計な出費がかからないので売上が上がった分はそのまま利益に直結する。


マクドナルドの場合、平均90秒での商品のお届けを60秒に短縮すると単純計算で1.5倍の売上増加を図れることになる。


新戦略と思われがちだが、ピザ屋を考えるとオーソドックスなスタイルといっても過言ではない。


ただし、学生時代に100円マックや80円ハンバーガーに慣れてしまった層をどこまで回復できるかは疑問だ。


このオーソドックスなスタイルの実験と並行して、基本の味の追求を心がけるべきだと三代目は思う。



関連記事

| ニュース | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabekatajapan.blog7.fc2.com/tb.php/13-134d5747

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。